活動報告書

2013年2月26日

 ブレーメンvol.16、@居心魂井蛙、行ってまいりました。今回は大勢のお客さんにご来場いただき、単純に開場に入った人数では30名にもなり、ブレーメン史上最多の動員となりました。

2012年12月7日

 青森、Sublime(サブライム)、行ってまいりました。今回はブレーメンにも来ていただいた灰色少女の良江さんにお呼びいただいたわけですが、たくさんのお客さんに入っていただいて、特に地元青森大学の学生さんがたくさん遊びに来てくれました。軽音系サークルの学生さんたちだとか。まずはセットリストから。

 

     1.はなし

     2.なちゅらり~

     3.デコイ

     4.極楽鳥

     5.アイラブユーの形

 

 初めてのお客さんしかいない状況だったことを意識して、こんな感じで明るめの曲中心に打線を組んでみました。なちゅらり~という最近良く歌うアップテンポな曲なのですが、単純にテンションあげて歌えるのが楽しくて結構気に入ってます。ゆっくりの曲が多い中でうまくアクセントになってればいいなと思います。

 

 「灰色道中膝栗毛」というイベントでした。出演者皆さんもれなく、私の好きな感じの音楽だったので聴く側としても大変満足なイベントでしたが、私も負けじと歌ってまいりました。4番目という非常においしい位置をいただきまして、緊張もしましたが気持ちよく歌うことができました。

 

 最近人が歌うのを聴くにつけて、歌うことが好きでたまらないんだろうなーという印象を受ける歌い方っていいなーと思っていました。何かというと、ある国外の女性シンガーなんですが、ぺこぺこに腹が減っているときに、寒い日なんかに焼き芋とか豚汁とかそういうのをうまそうに食べてる時みたいというか、とにかくがっつく感じで歌っているんですよね。「あーうめえ、あったまるわー」みたいな。おいしそうに食べる人って見てて幸せになるんですよね。そういう感じです。

 

 自分もそうなりたいと思いました。一生懸命なんだけど、もっと自然に、歌いたい(演奏したい)っていう気持ちが先行してる感じで。あたりまえだけど、私には結構ハードルの高いことだったりします。ちゃんとやらなきゃっていう「なきゃ」がでてくるとやっぱり見てても面白さ半減なんですよね。

 

 また来たい!って思ってもらえるような演奏をするにはどうしたらいいかということもすごく最近考えていることで、そこの分かれ目って非常に残酷な面があって、心にずしっとくる演奏と言いますか、そこにも繋がる気がします。そんなことを意識して向かったライブでした。

 

 北東北は雪降ってきましたが、寒さに負けずはりきってまいりましょう!次のライブは14日、盛岡ClubChangeです。皆様ぜひお越しください。

2012年12月5日

 最近は本当にいろいろな方面の方々からいろいろな面白い出来事に巻き込んでいただいていて、大変充実した日々を過ごしておりました。そして、そんなたくさんの出会いの中で、小さなお別れもありました。我らがブレーメンの本拠地「ハガクレ」の閉店と、マスター菅野悟氏の旅立ち(広島)です。

 

 本日はハガクレの後片づけのお手伝いをしてきました。先週のハガクレ最後のブレーメンではあまり実感がありませんでしたが、ハガクレ入口階段のポスターを一枚一枚はがしながら徐々に実感が湧いてきました。何度も通ったこの狭い階段。いそいそとあがっていき軋む扉を開けた時、入口から漏れだすあったかい色の光と音楽、そしてそれと同時にこちらに気付いた悟さんの声。

 

 

 

おう、そうちゃん。

 

これが聴けなくなると思うとさすがに寂しい気分です。

 

 悟さんにはこの一年、たくさんのことを教わりました。ハガクレでライブをやって、打ち上げで下らない話をたくさんして、熱い話もときどきあって…。うまくいった日もいかなかった日も、考え込んでいる暇がないくらい賑やかでした。あっという間の楽しい時間。そしてお別れ。

 

 今日の別れ際、あともうしばらく会えないと思って最後に、「お元気で。」と私は言いましたが、寒いせいでその言葉は口から出てすぐ夜闇のどこかにしゅるんと飛んで行ってしまったのでうまく伝わったかわかりません。でもまたどこかで会えるでしょう。お互いがお互いのことを忘れてしまわない限りまたどこかで会えるでしょう。

 

ありがとう、ハガクレ。

ありがとう、悟さん。そしてお元気で。

 

 

 明日は青森に行ってライブをしてきます。今年3度目の青森行き。これは絶対何かあると思うんですよね。何が待っているんだろう。楽しみです。

 

 

さあ、私は私の道を。あなたはあなたの道を。

2012年8月27日

 いしがき前夜祭ライブ、行ってまいりました。今回は、アカペラバンドやジャズバンドともご一緒させていただき楽しかったです。セットリストから。

 

       1.憩いの時(inst.)

       2.はなし

       3.極楽鳥

       4.デコイ

       5.静電気

 

 最近ジャズに少し惹かれています。これまでは難しそうだなーと漠然と思っていましたが、ここの所ジャズの生演奏を聴く機会が何度かあって、かっこいいなーと思って非常に興味を持っています。どこから聴き始めたらいいかわからないので、どなたかオススメがあれば教えてください。

 

 さて、今回のライブの反省ですが、声が出てないなーというのが一番の反省点でした。今回だけでなく、最近以前より声が出にくくなっているのをうっすら感じていました。原因は、歌い方の変化、マイクの音量に依存する癖、体調、いろいろですが、一番は、発声にあてる時間が足りない、つまり、歌いこみが足りないのだと思います。体力的な部分を鍛えることを怠った結果です。こうしてみるとやはり大事なんだな-と実感します。体力。張りのある気持ち良い声を少しでも取り戻すべく奮闘して行こうと思います。

 

 明日はいしがきミュージックフェスです。晴れるといいなあ。来週全部雨でもいいから明日は我慢してください。(雷様)

 

 わたくしはモスビル前午後一時です。よろしくお願いします!

2012年8月27日

 ブレーメン第10弾、行ってまいりました。ブレーメンもとうとうおかげ様で第10回とふた桁を数えました。今回はトリだったのですが、誕生日が近いということでサプライズでバースデイケーキをいただきびっくりしました。皆さんありがとうございました!まずはセットリストを。

 

      1.はなし

      2.静電気

      3.極楽鳥

      4.デコイ

      5.アイラブユーの形

 

 今回五曲目にアイラブユーを久しぶりに歌いました。リクエストがあったので。この曲はノリもいいし聴きやすい分、持ってくるところを間違えると他の曲に悪さをするのでなかなか難しいです。でも今回はうまくいったのではないかと思います。歌っていても楽しい曲です。ここまで癖のないシンプルな歌詞は他に無いですからね。好評もいただいたのでまたときどき歌います。

 

 ライブはいつも真剣にやればやるほど、楽しめば楽しむほど一つ一つ違ってくるものですね。例えばお客さんの表情ひとつ、ステージから見える景色が変われば自分の歌もそれに応じて色が変わるみたいです。

 

 次回のブレーメンは高橋りゅうたさん、サペリの休日さん、藤田渉吾さんに出演していただきます。りゅうたさんとサペリさんは二回目の出演になります。非常に楽しみです。

 

 それから、25日に発表になりました、いしがきミュージックフェスティバルへの参加が決定いたしました。ありがたいことに、今回で三回目の参加となります。皆さんぜひ遊びに来て下さい!

2012年8月23日

 こんにちは。盛岡も暑い日が続いております。昨晩は盛岡劇場にて「もりげきライヴ vol.212 フォークトライアル」に出させていただきました。まずvol.212っていうのがすごいですね。盛岡劇場では初めてでしたが非常に楽しいライブとなりました。セットリストから。

 

      1.はなし

      2.デコイ

      3.極楽町

      4.静電気

 

 さて最近のわたくしは学生最後の夏休みをのびのびと満喫しておりました。青森に行ったり、秋田に行ったり、実家の福島に帰って同級生と遊んだり(同級生はほとんど社会人ですが 笑)、思い出づくりに励む日々でした。そして昨日、ほぼ一カ月ぶりの久しぶりのライブだったのです。

 

 まずひとつ、とても新鮮な気持ちで本番に臨むことができました。初めての場所ということと前のライブから少し期間が空いたことと。程よい緊張感の中でめいっぱい楽しむことができました。じつは最近のライブでは少なからず自分の中で迷いがあって、何の迷いかというとそれこそいろいろ細かいことがあって、やっていることの方向性とか、意味とか考えているうちに不完全燃焼で終わるライブがちらほらあったりしました。それで今回のライブがあって、なにか明確な答えが、というわけではないのですが、少し気持ちが晴れたなというくらいに満足感のあるライブでした。

 

 のびのび遊んでいたおかげで練習が多少おろそかにもなりました。そういう悪い影響も今回でていたと思います。でも、いろいろな所に遊びに行って、いろいろな人と音楽の話もそうですし、将来の話をしたりして、新しい考え方の発見もたくさんありました。それがすごく良かったなと思うんです。別に自分が何かできるようになったわけではないのですが、世界が広がったというか、何か自信につながる様な小さな積み重ねがそこにあったんですね。

 

 相変わらずの分かりにくい文章であることは自覚しております 笑。とにかく今回もまた、楽しく思い出に残るライブになったな、というわけです。なにはともあれ、今後のライブもよろしくお願いします。次は来週月曜日のブレーメンです。

 

 学生最後の夏休みは前半戦が終わり、後半戦に向けてスケジュールを練っているところです。9月はこっちの活動の方に力を入れていきたいな。暑い日が続きますが皆様お体に気を付けてお過ごしくださいませ!

2012年6月27日

 前回の報告書からだいぶ間が空いてしまいました。もし万が一この活動報告書を楽しみにしていた方がいらっしゃったらごめんなさいと謝らなければいけません。ごめんなさい。

 

 さて、ブレーメン第8弾から帰って参りました。今回はまた思い出深い回になりました。リベンジに燃えるまっとさん。ブレーメン初の二週目出演者でした。それからやなぎさん。わたくしが最も尊敬し共感(一方的に)できる盛岡の音楽民です。お二人とも素晴らしいステージを見せてくださいました。非常に楽しかったです。そして久しぶりに達成感を感じることのできたライブでした。まずはセットリストから。

 

         1.憩いの時(inst.)

         2.静電気

         3.やつらの足音のバラード(カバー)

         4.極楽鳥

         5.デコイ

         6.はなし

 

 歌い始めはすごく緊張しましたが、なんとか三曲目ぐらいからエンジンがかかったかなといった感じでした。あとは一心不乱でした。うまいことトランスできていた(ような気がするのはきっと打ち上げで先輩からお褒めの言葉をいただいたからだ)と思います。自分では結構自身をさらけ出しているつもりでも実際はそうでもない、ということはよく感じます。極端な話、裸で阿波踊りしてやるぐらいの気持ちはやっぱり必要だと思います。見ていてもその方が面白いですから。

 

 最近はなかなか曲がつくれませんでした。良くも悪くも「瞳」という曲をつくる過程で考えたことがつっかえになっています。そもそも自分は何がしたいのだろうか。何をつくりたいのだろうか。自分は何が好きで何が嫌いなんだろうか。そんなことばかり考えていました。なんとなく思いついてなんとなく出来上がったものではやっぱりだめなんだ。

 

 今年の目標はちゃんとプレスされたCD音源をつくることです。形に残すことの意味はきっと期待以上です。でも現状ではそのCDに収録する曲が足りていない。今の課題はまず曲づくりに取り組む時間をもっと設けることです。つくり続けなければ。考え続けなければ、何も生まれないのは目に見えているじゃない。

 

 次のライブですが、7月の8日に青森の古川食堂、翌日9日にハガクレ、2日連続で行います。この時までにはひとつ、曲をまとめあげましょう。だから皆さん聴きに来てください。たぶんまた今までとは違う菅野の一面が拓けていることでしょう。ご期待下さい。

 

 打ち上げでは朝の四時まで音楽談義に花を咲かせました。今帰ってきてこれを書いているところです。天気がとても良いです。それではおはようございます!

2012年5月23日

 松本伸さんの写真展「distance 2012 おさんぽ」が本日から開催されています。前回お知らせした通り、不肖わたくしが松本さんのご依頼をお受けしてつくった曲「瞳」がBGMとして会場にいい感じに響き渡っております。

 

 先週の火曜日に依頼をお受けして一週間、時間との戦いでした。正直大変でした。松本さんの写真をデータでお借りして毎日それら40点の作品とにらめっこをして、歌詞をひねり出し、音を付けて、練習、録音。積んでは崩し、また積んでは崩し。途中で何度か心が折れそうになりました。そうして生まれたのが「瞳」という曲です。完成した曲を生歌でお披露目した時は、却下だったらだいぶへこむな―ということが頭にありましたが、松本さんは「すごくいいね」とおっしゃいました。その時、松本さんの嬉しそうなお顔をみて、「あ、引き受けてよかった」としみじみ思いました。

 

 会場で音源を再生してみると、これがまた作品との相乗効果で全然違った雰囲気に変わるんです。歌も写真も。松本さんと「楽しいね」「楽しいですね」とうなずき合いながら会場の準備をお手伝いしてきました。

 

 人から依頼を受けるのも、人から曲のテーマをいただくのも初めてだったので大変勉強になりました。今までの自分の曲づくりを見直すよい機会にもなりました。というわけでますます修行に励もうと意気込んでいる昼下がりでした。

 

 今回できた曲はライブバージョンで今後も登場させます(今回の音源はBGM用に間奏が長かったりします)。金曜のブレーメンをお楽しみに!

2012年5月15日

 金曜にLoostripperさんを迎えてのWAVEライブ、土曜はアスとの遭遇 vol.17、日曜はPlayer's CaffeでRambling Terseaさんとまったり。先週末は三日連続ライブ三昧でした。忙しかったけど楽しかった!嵐のような三日間でした。金曜と土曜のセットリストから。

 

  金曜

   1.ちえちゃん

   2.極楽鳥

   3.デコイ

   4.静電気

   5.雲の待ち人

   6.はなし

 

  土曜

   1.はなし

   2.静電気

   3.ちえちゃん

   4.極楽鳥

   5.デコイ

   6.不毛の海路

 

 ライブハウスの様な広さのステージとハガクレの様な小さな部屋では、歌う方としても聴く方としても全く違うものでしょう。自分は好き嫌いはさておき、今の所お客さんとの距離が近い方がやりやすいみたいです。それぞれの場所での歌い方というのも考えてみたりするのですが、すごく難しい問題で正直まだ何も掴めていない状態です。どちらの場所にせよ歌がお客さんに届くまでにマイクやスピーカーを通るので、何かしらのロスが生じているように思っています。だからそのロスをいかにして最小限にできるか、そんなことが今回考えていた自分の中での課題でした。

 最近はライブの後にいろいろ考え込んでしまって結構辛いです。考えれば考えるほど新たな問題点や不安が見えてきて、沼のようにどんどん深みにはまり込んでしまいそうです。まあそうは言っても、歌っているときはそんなこと何も考えないんですけどね(笑)

 

 対して日曜はtwitterのみで告知しました、Player's Caffeでのイベントでした。実は初めてエレキギターで弾き語りをやりました。まだ全然形にならないのでこっそりやってきましたが(笑)、非常に楽しかったです。エフェクターいじりは初心者で、1曲歌うごとにエフェクターのつまみをくるくるやってました。早く歌えよ、と。今後もしかしたら皆さんの前でもエレキバージョンお披露目するかもしれません。その為にもう少し勉強してきます。

 心地よいリズム、歪み、声。お酒をちびちび飲みながらみんな好きなように歌ったり踊ったり、ハープを吹いたり。最高にリラックスできる時間でした。またおじゃまします。

 

 次回は25日のブレーメン、これまた最高に熱いメンバーがそろっております。そして今回はカホンのお兄さんに入っていただき二人編成でやってみようと思っています。たまたま今回は金曜日でしたのでいつも平日に来れない皆さんもぜひぜひお越しくださいませ!

 

 最後にひとつ、今月の23日~31日まで盛岡中ノ橋通りの平金商店パステル館で開催される松本伸さんの写真展、「distance 2012 おさんぽ」において菅野の歌がBGMとして流れる予定が今日決まりました。松本さんの写真を種に歌をひとつこしらえてそれを流そうという作戦です。来週です。今から作り始めて間に合うのでしょうか。わかりません(笑)。でもきっと完成させます!そちらの方もどうぞお楽しみに!

2012年4月26日

 ブレーメン第六弾、早いもので今回で開始から半年が経過しました。今回も大変楽しい、そして激しいライブに成りました。ここまで六カ月いろいろな方から助けていただいてここまで続けてこれました。今後ともよろしくご贔屓のほどをお願い申し上げます。まずはセットリストから。

 

    1.生活周期

    2.雲の待ち人

    3.デコイ

    4.静電気

    5.ひとつだけ (矢野顕子 のカバー)

    6.はなし

 

 前回からカバー曲シリーズを始めたわけですが、やっぱり難しいです。今まで全く意識したことのない問題がいくつも現れてきて、終わってみてすごく困惑しています。何気なくやることはできても、自分の曲たちと順番で聴いていただいたときにどうなのか、単純にどうアレンジを加えるのか、など難しかったです。毎月行うイベントの中で、皆さんに楽しんでいただくためにも毎回どう変化を付けていくか、それらの工夫が小手先のものになってはいないだろうか。考えるべきことがたくさんあります。それでもやっぱりカバー曲をやりたいという気持ちがあって、同時にある意味での試練を毎回自分に課すことで程よい緊張感や刺激に繋がればいいなと思います。

 

 昨日のライブで告知をしましたが、次回のブレーメンではある方にカホンを刻んでいただいて歌います。その方とは、以前に自分のライブでお会いして、一度一緒にやりませんかと誘っていただきました。そしてその時から、二人でしか出せないものを出そうと練習や話し合いを重ねて少しずつ曲を練ってきました。菅野創一朗の新しい姿を見ることができると思います。それに加え、次回は全体的に出演者の年齢層が高いです。熟成した濃厚な音の心地よさを楽しめると思います。5月25日のブレーメンにどうぞご期待下さい。

2012年4月19日

 エコーズ第一弾行って参りました。カヅキクマガイ改めクマガイキャラバンさん、誘っていただきありがとうございました。自分自身とても楽しめたし、イベント全体を見ても素晴らしいものがつくれたと思います。まずはセットリストから。現時点で自分が特にやりやすい曲ばかりで組みました。しばらくはこの曲たちが中心になってライブを盛り上げてくれるかと思います。

 

     1.ちえちゃん

     2.極楽鳥

     3.デコイ

     4.静電気

     5.雲の待ち人

     6.はなし

 

 今日は自分の番が来るまで結構緊張していて、歌い始めてもなかなか緊張がほぐれなかったので全体的に目を閉じて歌っていました。でもだからと言って上手く気持ちを出すことが出来なかったわけではなく、緊張とは別の面で、むしろ出し切ってくることができたように思います。もしかしたら最近はライブ中にいろいろ細かいことを考えすぎていたのかもしれません。

 

 自分は普段偉そうなことばかり言っていて、自分のやりたいことだけやるんだと息巻いているところはありますが、実際は聴いてくださった方々の意見をすごく気にしている部分もあって、新曲をやってお客さんの反応があまり良くなかったら次のライブでその曲をやろうか結構悩むし、褒めてもらうことで自信になったりします。本来ならば、自分のつくった曲についてそれが良いかそうでないか自分でゆるぎない価値観を持つべきなのですが、それは非常に難しいみたいです。

 

 そういった意味で考えると、今回の新曲デコイは自分でも十分納得できる状態でお送り出来ました。この曲が出来上がった時に、自分の曲づくりの方向性が少し見えてきた気がしたんです。同じような曲ばかりつくっていても面白味がないし、かといって統一感のないバラバラが良いとも思えない。そんなことを今までずっと考えてきましたが、この曲には所謂「自分らしさ」をたくさん詰め込むことができたなと思います。自分のやりたい曲、歌いたい曲の具体的な輪郭が少しずつだけど見えてきたように感じたんです。

 

 だから、①自分が良いと思う、②お客さんが良いと思う。自分はこの順番でしかできない気がします。自分で納得した上で評価をいただくことができた。だからこそ、今日はたくさんのお客さんから「良かったよ」と褒めていただけて何より嬉しかったのです。

 

 そんなわけで「エコーズ」第一弾、大変に楽しませていただきました。最高でした、ありがとうございました!!今後も兄弟もしくはライバルイベントとしてよろしくお願いします!!

2012年3月22日

 ワンマンライブ無事に終了いたしました。お越しくださった皆さん、応援のメッセージをくださった皆さん、おかげさまで最高のライブに成りました。ありがとうございました!!最初はかなり緊張しましたが皆さんのあったかい空気に励まされ安心して楽しく歌うことができました。

 まずはセットリストから。一度のライブでこんなに歌うのは初めてでした。

 

 

   <第一部>

    1.憩いの時

    2.はなし

    3.静電気

    4.負け癖直せ

    5.雲の待ち人

    6.アイラブユーの形

   <休憩>

    7.丸ノ内サディスティック(椎名林檎 のカバー)

    8.輪舞曲(倉橋ヨエコ のカバー)

    9.Reborn(Syrup 16g のカバー)

   <第二部>

    10.生活周期

    11.風吹く日々

    12.ちえちゃん(新曲)

    13.蟻とキリギリス

    14.極楽鳥

    15.眠れこどもたち(新曲)

    16.幸福論(新曲)

   <アンコール>

    17.不毛の海路

 

 

 たくさん歌いました。でも最後までしっかり気持ちのこもった歌を歌えました。一つ一つの歌をつくった時考えていたことを思い出しながら歌うことができて、この二年間いろいろなことがあったなーとしみじみ思います。何もわからないところからの出発で、はじめのうちは緊張で思うように演奏出来ないことが毎回で、やっぱり自分には向いてないかもしれないと思うことも何度もありました。

 

 環境にすごく恵まれたな、と二年間を振り返って痛感します。人との出会いのタイミング、そこからのライブや企画のお誘いのタイミング。どれが足りなくても今回のライブには至らなかったな、と思います。イシガキミュージックフェスへの初参加、acousticoverでの選考とCD制作、ブレーメンの始動と運営、Lost In Timeさんのオープニングアクト、そして今回のワンマンライブ。こんなにゆるゆるな人間がこれだけのことを成し得たのは、本当に皆さんのご支援ご声援の「おかげさま」です。今後もますます精進に励み、歌っていきたいと思います。

 

 今回のライブに向けて準備を進める中で、いくつかの歌が新しく生まれました。今回歌ったもの、まだ構想中のもの、ありますが、ここ半年ほどの忙しい活動の中で自分自身変わってきたなと思う部分があって、それが少しずつじわじわと歌に染み出てきているなと思います。面白い成長だと思います。新しく生まれた歌もこれまでのお気に入りの歌も合わせて歌っていきますので、今後のライブにもぜひぜひご期待ください!

 

 次はブレーメン第五弾でお会いしましょう!!

2012年3月5日

 ブレーメン第4弾、お越しくださった皆さん、出演してくださった皆さん、ありがとうございました。今回も五人五色五者五様、色鮮やかなブレーメンと成りました。セットリストです。

 

  1.はなし

  2.静電気

  3.極楽鳥

  4.アイラブユーの形

  5.不毛の海路

 

 新曲やってみたんだけどどうでしたでしょうか?今回のテーマは「シンプルに」だったんですが難しいなやっぱり。ただの単純ではだめなわけで、そぎ取って、そぎ取って本当に残ったもの、沈殿した濃度の濃いいものでなくてはいけないんですよね。一方、自分は複雑に構成された言葉の群みたいなものが特に好きなんですが、それってある種、ぼかしの手法なんです。好みの問題は大きいけれど、やっぱり偏ってしまうのは怖いですから、いろいろなことを試みることは常に必要なんです。そんなわけで、たまにはシンプルな歌を作る試みをしたいなと思います。

 

 次のライブはワンマンの前に一度あります。10日です。詳細はトップページをご覧ください。

2012年2月25日

 更新がずいぶんご無沙汰になってしまいました。この一カ月はライブ予定を見ても分かる通り、毎週のようにライブがあり大忙しでした。何しろ19日にLOST IN TIMEという大きなバンドのオープニングアクトが有りましたので、その為のライブ強化月間となりました。

 月のはじめには、盛岡Club Changeのスタッフさん方と19日に向けて作戦会議を行い、自分の今までのライブの改善すべきところなどを徹底的にダメだししていただきました。セットリスト、MC、MCを入れるタイミング、ライブ全体の構成、など自分では気づくことのできない面を指摘していただき、そのアドバイスをもとに4本のライブで試行錯誤をしました。その中で偶然にも久慈市のライブハウスunityでの素晴らしい出会いもありました。

 19日のライブに向けてとは書きましたが、いろいろな目標を掲げてライブを行う中の一つとして、最近は「今しかできないこと」を毎回のライブで意識して歌ってきました。ライブが続くと無意識に気を抜いてしまう時があるんです。今日はこのぐらいでいいや。とか。でもそれって歌を歌う人間としてやっちゃいけないことだな、と反省しました。だから、今日のライブでしかできないことを探して、その日の目標をひとつ決めるんです。「今日はこれまでのライブに+αでこれをやろう!」という具合に。

 結果的にこの一カ月で自分自身たくさんの成長を感じることができました。技術的な面はもちろん、なによりお客さんにより近づくことのできる菅野創一朗に変われたと思うんです。(といってもこれからもっと変えていかないといけない部分でもあるのですが)そして自信を持って19日のライブに臨むことができました。19日のセットリストです。今現在いちばん自信を持って歌える四曲でした。

 

   1.はなし

   2.静電気

   3.極楽鳥

   4.不毛の海路

 

 LOST IN TIMEの海北さんはじめ、お客さん方にもたくさんの温かい言葉をいただくことができ、充実感とともに本当に楽しいライブになりました。LOST IN TIMEの皆さんと盛岡Club Changeの皆さんにはこんな機会をいただいて本当に感謝、感謝です。 ありがとうございました!!

 

 という具合に慌ただしい2月だったのですが、途中でひとつ気がついたことがありました。それは、今まで自分は、本物のミュージシャンになるのはもっと先のことだ、と無意識に思っていたということです。

「じゃあ、今じゃないならいつ始まるの?どこからが本物なの?」

 いつかなんて思っているうちは絶対にいつまでたっても成れるわけがないんですよね。ほんとうは、初めてオリジナルの曲をステージで歌っていた時にもうとっくにスタートしていたんです。いいえ、もっと前からかもしれない。そんなことを考えました。これが「今しかできないこと」にもつながります。

 

 菅野創一朗はとっくに始まっているんですよ。これまでに犯した失敗や中途半端を清算する機会なんていつまでもやってこないし、それは死ぬまで続きます。なぜならそれは菅野創一朗の人生だからです。

 

 書いていて絶対伝わらないだろうなーと思いますが、とにかくそういうことを考えました。だから3月のワンマンライブのタイトルを次のように決めました。

 

菅野創一朗 ワンマンLIVE 「既に始まっている」

 

 とりあえずは、明後日のブレーメン第四弾、久しぶりの皆さんには進化した菅野の姿をお見せできると思います。新曲も用意してございます。午後6時から入れます。ぜひお越しくださいませ!

2012年1月28日

 二日間のライブを終えました。26日のブレーメン第三弾と27日のOver M50P。とにかくいろいろと考えさせられる二日間でした。ばたばたして考えが上手くまとまらないのです。読みにくかったらごめんなさい。そして少し長くなるかも。

 

 まずブレーメン第三弾から。今回は直前のアクシデントにより出演者が1人減って三人でのライブでした。それからライブ直前にもばたばたして、我々としては慌ただしいスタートでした。そんな中でもイベント自体も、ライブのパフォーマンスも落ち着いてできたのかな、と思います。イベントも三回目をむかえ、だいぶ慣れてきたのかなと思います。セットリストです。

 

   1.生活周期

   2.はなし

   3.負け癖直せ

   4.極楽鳥

   5.風吹く日々

   6.静電気

   7.不毛の海路

   8.蟻とキリギリス

 

 しかし、慣れてくるということはやはり良いことばかりではないです。何事も、慣れてきた頃が一番危ないといいますし、慢心や油断は大きな失敗のもとですからより気持ちを引き締めて参りたいと思います。

 今回はいつもより曲数を増やしてのライブでしたが、後半にかけて少し疲れがでてパフォーマンスが乱れたことは大きな反省点です。三月のワンマンライブではもっと長時間歌うことになるので、皆さんに最後までベストのパフォーマンスを楽しんでお見せできるように考えていかないとなと思っています。

 

 次に、Over M50Pです。余談ですが、実はこちらも出演予定の方が1人減りました。インフルエンザだそうです。皆さんもくれぐれもお気を付けくださいね。

 共演者の皆さん全員からは、漏れなく、強い刺激をいただきました。見事に十人十色というか、それぞれの道をそれぞれ邁進しているんだな、と当たり前のことですが思いました。セットリストです。

 

   1.憩いの時

   2.蟻とキリギリス

   3.負け癖直せ

   4.極楽鳥

   5.静電気

   6.はなし

 

 持ち時間ぎりぎりのセットリストでした。案の定すこし時間をオーバーしてしまったようです。チェンジさんごめんなさい……。いつも無駄な話が長いと言われるのでなるべく必要なこと以外はしゃべらないように気を付けました。あれでも我慢していたんです(笑)

 

 どちらのイベントも、ライブ自体はとても歌っていて楽しかった。一生懸命歌いました。上手に出来ました。楽しかったです。でも、です。それイコール良いライブなのか、と。現実を突き付けられました。ある方からのアドバイスで気付かされました。「違うよね。それってただの自己満足だよね。」そういうライブを続けて行くことでより多くの聴き手の心を揺さぶることってできるでしょうか。うーん。ほんとうに難しいな。厳しいな。どうすればいいのか今のところ見当もつきません。自分の納得のいくパフォーマンスこそ最高のパフォーマンス、だと思うのですが。ですが………

 結局正解なんてないんだとも思います。自分が今言えることは、ライブを楽しむこと。これは自分の中で絶対条件ですから、考えすぎて自分が楽しめないライブにしてしまうことだけは避けます。それともう一つ、自分が自信を持って楽しむことができるように、納得のいく作品を用意することです。これは非常に難しい。

 

 落ち込んでいるわけではないですが、少々立ち止まっております。これを読んで感じたことをどんな言葉でもかまいません、メッセージに率直なコメントを頂けるととても励みになります。

 

 どちらにせよ、ただのんきに歌っているだけでは道は開けませんね(笑)

2012年1月16日

 ワンマンライブの開催が決定しました。3月の17日、土曜日です。これまでの活動を振り返り、これからの活動を見据えるために、今この地点で出来る精一杯に挑戦します。自分にとっても皆様にとっても特別な夜になるかと思います。場所はもちろん、ハガクレです。是非ともよろしくお願いします!

2012年1月9日

 yukkoさん企画「ただの偶然からの出来事」 行ってまいりました。今回は去年のyukkoさんの企画の第二弾で同じメンバー(都合が合わず参加出来なかった方もおりましたが)でした。思った通り、いや、それ以上楽しかった!とりあえずセットリストです。

 

 

 

     1.不毛の海路    2.負け癖直せ    3.静電気

         4.蟻とキリギリス  5.はなし

 

 今回は4曲目に新曲を持ってきました。テーマはミュージシャンの在り方、そして、いがみ合いのつまらなさ、です。蟻とキリギリスの話は皆さんご存知と思いますが、自分の今の立場でこの話を見ると、これは非常に面白くない話なんですね。キリギリスと自分が被ってしまって。蟻に命乞いをしてなんとか助けてもらう(原作だと見捨てられる)キリギリス。この理不尽さに納得がいかなかったんです。人の生き方はもっと自由なものであるべきでしょう。保守的な思考に縛られる蟻たち。最後まで自分の生き方を貫けなかったキリギリス。そんなことを思ったんです。じゃあこの物語の理想の結末とは。そんな曲です。

 新年一発目のライブでした。反省点は多々あるものの良いライブが出来たと思います。新たな出会いもありました。自分の中での音楽に対する気持ちは今大きく変化してきています。そして今年は自分の学生としての最後の年となります。そこで今年はこれまでの活動の節目として形に残るものを、菅野創一朗1stミニアルバム(もしくはシングル)の作成を目標に掲げます!その為にはまだまだ努力が必要ですが。臨むところです。

 

 自分の価値が最も高まる場所がこの霧を抜けた先にあるはず。あとは進むだけ。

2012年1月3日

 新年が明けました。昨年は皆様からのご支援・ご協力や温かい応援のお声をいただき、また、たくさんのすばらしい出会いもあり、一人の歌い手として大きく成長することができました。

 今年もさらに価値のある音楽創りを目指して邁進する所存です。まだまだ力不足の半人前ですが、面白いこと、心動かすことをどんどん発信していきますので、今後とも相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます。2012年が皆様にとって笑いの絶えない実りのある年になりますようお祈り申し上げます。

 

 まずは1月8日。盛岡Club Change。よろしくお願いします!!!

2011年12月27日

 ブレーメン第二弾、歌ってまいりました。気持ちよく歌えて今年の締めくくりとして大成功のライブでした。お越しいただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!

 じつは不安もあったんです。自分メンタルがすごく弱いので、ライブまでに気持ちを盛り上げていかないと本番で雰囲気にのまれてすぐにあがってしまうんですね。早起きをして午前中から発声して準備万端で臨むつもりが、寝坊して昼まで寝てしまって、そのせいで少し憂鬱でした。そんな些細なことが気になって力を発揮できないことが多々あるんです。自分の課題です……それでも、会場に入ってバタバタ準備している間に気持ちがなんとなくライブに向き始めて、本番では気張らずに歌えました。この一年で少しは成長したのでしょうか。

 本日のセットリストです。6曲の予定でMCでもそう言っていたのに1曲すっとばしてしまいました(笑)

 

    1.不毛の海路   2.負け癖直せ   3.極楽鳥

        4.静電気     5.はなし

 

 今回は20名以上のお客さんにお越しいただき、会場は満員でした。打ち上げで優斗との話題にもあがったのですが、自分たちはどうして歌っているんだろう、何を目指しているんだろうということを最近考えます。みんなを励ましたいから?有名になりたいから?音楽で食べていきたいから?歌っているだけで幸せだから?みんなにあっと言わせたいから?…………歌を歌っている人それぞれに考え方があると思います。自分はというと、これまで歌うことの目的としてお客さんを意識したことは特になかったように思います。作品作りが好きということ、歌うことが好きということ、この二点に尽きますね。自分で納得できるフレーズやメロディーを見つた時の喜びや、声を出すことの気持ちよさです。でも最近はそこにプラスしてパフォーマンスという要素も大事だなと思っています。たいへん難しいんですが……お客さんには満足して帰ってほしい。そのためにはどんな工夫ができるんだろう、ということです。イベントの企画者という立場に立てたからこそ気づけた視点かもしれません。

 明日は福島の実家に帰省します。これから散らかった部屋を片付けて、朝の高速バスに乗って帰ります。次回は新年1月8日のyukkoさん企画のライブです。その時には新曲を披露できるはず。いや、します。イメージは固まりつつあって、「蟻とキリギリス」というタイトルです。乞うご期待!

2011年12月7日

 CLUB CHANGE WAVE LIVE 。行ってまいりました。楽しかった。心残りとしては、もっとたくさんのお客さんに聴いて欲しかった……

 リハーサル前に会場に入って初めて今日のトリだということを知りました。順番がどうだから…ということはないのですが、やはりプレッシャーを全く感じないわけにはいきません。出番前は楽屋にこもり、うろうろしたり、鏡に向かってぶつぶつしゃべったり、ほっぺたを叩いたり、なんとか気持ちを盛り上げて、本番では思いっきり自由に歌わせていただきました。気持ちよかった!!陰気な歌ばかり好き放題歌って気持ち良いなどと言っていられば世話がないのですが、自分が納得できるパフォーマンスをすることがリスナーの心を揺さぶることにつながるんだと自分は思っています。セットリストです。

 

   1.負け癖直せ   2.十月迷い唄

      3.極楽鳥     4.雲の待ち人

 

 持ち時間20分だったので4曲でした。静電気をやらなかったのはなんか久しぶりでした。最近作った曲がちょっとずつ育ってきて楽しい。

 今日の出演者はバンドをメインでやっている方が多かったです。アコースティック畑の意地もありますからついつい批評的に見てしまう部分もあるのですが、皆さん全く色あせず素晴らしい演奏ばかりでした。なかなか出来ないことですよね。

 

 次はブレーメン第二弾。早いな……。準備は着々と進行中でございます。

2011年12月6日 

 とうとう12月に入りました。今年は震災のドタバタがあったせいか一年経つのが早かったです。週末はいかが過ごされましたか。自分は北上の方面に行って参りました。大沢温泉でのんびりしたり、優斗とブレーメンのポスターに使う写真を撮りに行ってきました。撮影は日曜でしたがとにかく風が強い…… 風に倒される動物たちを根気よく並べ直しながらと作業は難航しました(ポスターの出来上がりを見れば納得していただけるかと)。

 さて明日は盛岡ClubChangeWAVEさんでライブがあります。詳細はトップページの通りです。今回は全体的にアコースティックでやると聞いております。SWANKY DOGSの洞口君やOver AmpのBrianさんも弾き語りで出るそうです。楽しみです。本サイトの「問い合わせ」からチケットの予約も可能です。ぜひ遊びに来て下さい!

 それから、本日夜(21時くらいからか)、優斗と路上ライブやります。おそらく大通りのどこかでやってると思うので見かけたら声かけてください。ではお楽しみにノシ

2011年11月29日

 ブレーメン第一弾終わりました。ご来場をいただいたお客様、あらっちさん、たっちさん、勇太さん、ご協力をいただいた皆様、ハガクレの悟さん、そして優斗。本当にありがとうございました。打ち上げではあらっちさんのハイクオリティすぎるベース芸(?)で大盛り上がりでした。今皆さんに書き込んでいただいたアンケート用紙を何度も読み返しながら昨晩のライブを振り返っております。(am6:00)

 

 本日のセットリスト

   1.不毛の海路   2.負け癖直せ

    3.極楽鳥     4.静電気

     5.風吹く日々

 

 10月の30日に悟さんからイベントのお誘いをいただいてから昨日まで、優斗と連日連夜打ち合わせを繰り返し、計画を練ってきました。何時に何をして、ここでこうして、こういうものを用意して………。何と言ったらいいのか、計画の段階では、自分と優斗の頭の中で11月28日がなんどもシミュレートされているのですが、今日はその想像を越えて超えて素晴らしいライブになりました。やっぱり皆さんのお力添えの賜物です。へんな話それが自分にとってすごく新鮮だったんです。このブレーメンというイベントに関わってくれた人たちの気持ちが混ざり合って最後にひとつの大きな「輪」になっていく感覚というのを強く感じることができたんですね。ここから、「盛岡のアコースティックと言えばブレーメン」と言っていただけるイベントにしていくために、我々二人、皆様のご支援・ご協力を頂きながら、面白いことや心揺さぶることを求めてはりきって参りたいと思います。ここからスタートだ♪♪

 

今宵の盛岡の街は、まるで全ての可能性を無限に回帰させるかのような濃い霧で淡くぼやけておりました。

2011年11月27日

 いよいよ明日です。ブレーメン第一弾。今日は優斗と最終打ち合わせをしに大通りまでくりだしました。「明日のお客さん捕まえれたらいいね」なんていって通りで二時間ほど二人で交互に歌ってきました。足を止めてくださるお客さんとも何度か出会えて、結果的に7人にチケットを持って行ってもらうことができました!

 優斗はしゃべりがうめえです。路上での経験だけでなく彼自身のキャラもあると思います。写真は一緒に歌ってくれたお兄さんたちと撮った一枚です。ぴったりくる言葉が見つからないけど人と人との出会いって不思議ですね。音楽を通してこういう経験ができて自分はとても幸せだと思います。お兄さんたち明日来てくれるといいなあ。

 とにかく明日は絶対良いライブになる。良いライブにする。みんなで。忘れられない夜にするのだ。楽しみ楽しみ。

2011年11月26日

 ブレーメンのHPできました。リンクにも貼ってありますのでのぞいていってください。ブレーメン第一回まであと二日となりました。たくさんのお運びをおまちしてます!

2011年11月20日

 18日のライブが無事に終わりました。足を運んでくださった皆さん、出演者の皆さん、盛岡ClubChangeのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。無事どころか大成功でした。ここの所良くなかったのどの調子も、療養の甲斐あってだいぶ回復して、久しぶりに気持ち良く声が出ました。体調管理などにももっと気をまわさないと、という良い教訓になりました。さてさて今回のライブを振り返ります。

 

 トップバッターの児玉さん。お疲れ様でした。スタッフという忙しい立場ながらステージでご一緒できたこと、嬉しく思います。自分は児玉さんの歌好きです。また一緒にやりましょう!ありがとうございました。

 二番目のヤナギさん。お疲れ様でした。盛岡のアコースティックの今という同じ時をヤナギさんと共有できることはすごくラッキーだなといつも思います。打ち上げでも歌詞作りについてお話できてまたひとつ勉強になりました。これからもよろしくお付き合いをお願いします。ありがとうございました。

 三番目、優斗。お疲れ様でした。最近の優斗はライブの度に成長しているのが確実に目に見えて、頼もしいと同時に怖いです(笑)これからもお互い刺激し合える存在でありましょう。28日もよろしく!ありがとうございました。

 

 今回自分の順番は最後でした。まずセットリストです。

 

    1.憩いの時(inst.)    2.はなし

      3.雲の待ち人      4.負け癖直せ

        5.極楽鳥        6.十月迷い唄

          7.静電気

 

 アコースティックのライブでは滅多にお目にかかれない人数のお客さんを前にして緊張もあり、興奮もあり、でも一番大きかったのは喜びでした。自分の歌を聴いてもらえる喜び、そして自分たちを応援してくれる人たちの暖かさを感じた喜びです。ライブ後にも皆さんにたくさんの暖かい言葉をかけていただきました。我々ミュージシャンが孤独ではない唯一の瞬間かもしれないですね。歌い手として、作曲者として、人に聴いていただくことで繋がっていく事柄や高まっていく事柄というのがたくさんあるんだな、とライブというものの認識をまた新たにすることができました。本当にありがとうございました!

 

 次回は今月28日、ブレーメン第一回にご期待下さい、ハガクレでお会いしましょう。

 

2011年11月8日

 前回お知らせしたハガクレさんでのイベントの名前が先ほど決定しました!音楽に一歩一歩向かっていく中でたくさんの仲間と出会っていきたい、そんな意味を込めて「ブレーメン」と名付けました。第一回に向けて着々と準備が進んでおります。

 今日は、ここの所のどの調子が良くなかったので病院で診てもらってきました。幸いにもただの炎症だったので薬を飲んでゆっくり休みます。

2011年11月2日

 楽しい楽しい30日のライブのあと、打ち上げにて新しい企画イベントのお話をいただきました!自分のライブ、歌を聴いてくれる人たち、歌を聴いて声をかけてくれる人たち。素直に嬉しい気持ちと感謝の気持ちでとても幸せです。こうして拙いながらも音楽を創り出していく中で幸せな瞬間っていろいろありますが、人が自分の歌を口ずさんでくれた時って、照れくさいけどやっぱりすごく幸せな瞬間ですね。

 新しいイベントについて決まっていることは、これから毎月ハガクレさんで歌わせていただくこと、30日にも誘ってくれた優斗とその企画をして行くこと、です。只今二人は、皆さまから愛されるイベントを作るために頭をひねくっているところです!

 記念すべき第一回は11月28日になる予定です。ゲストアーティストなど詳細はまた決まり次第お知らせします。お楽しみに。ノシ

2011年9月23日

本日ライブあります。

 

CLUBCHANGE WAVE LIVE

blows a siren / NEW POLARIS / ASKAM / 菅野創一朗 / MIMI☆TATA

09/23(金・祝) OPEN17:30 / START18:00

@盛岡CLUBCHANGE WAVE
オールスタンディング 前売1500円当日2000円
※入場時ドリンク代500円を別途頂きます。

2011年9月23日

今年もイシガキミュージックフェスティバルに地元アーティストとして参加させていただくこととなりました!!

駅前ステージで15:05~です。近くにお立ち寄りの際はぜひ聴きに来てください!