isasete

 

 

三軒先の角を曲がり

風船結んだ自転車まで

こんな匂いだった気がする

心がしゅっと狭くなる

 

埃が舞い上がる

 

あん時会った赤毛の娘

どっかでお母さんになるらしい

「全然覚えていないわね」と

空を噛むような電話の声

 

今度生まれたらなんになる?

変わらずにいさせて

 

線香の匂いと石のプール

風鈴と絨毯と笑い声

産まれる前の昔から

ずっとそこにいたような

何度もおんなじ夢を見る

あの場所にいさせて

 

西の太陽 影をつくる

霧が晴れていつもの部屋

目を瞑っても 寝返り打っても

戻れない

甘い口癖 漣ひたひた

あの風船 あの場所を探して

 

三軒先の角を曲がり

風船結んだ自転車まで

こんな匂いだった気がする

心がしゅっと狭くなる

 

他になんにもいらないから

あの場所にいさせて

変わらずにいさせて

そのままでいさせて