月が明るい夜の中

 

 

月が明るい夜の中

心がざわざわ 落ち着かない

白鳥二羽が

間抜けな声をあげ 飛んでいく

 

身体が何も欲しがらない

自分の実体が とたんに嘘のようだ

 

月が明るい夜の中

心がざわざわ 落ち着かない

逃げるように走っていく

野良猫の丸めた背中

 

今日の日はもう終わっている

明日が来るまでの空っぽの時間に

ひとりで悩んでいる

 

静かに冷える夜の中では

もらい物の手袋が

やけにふんわり温かい

斑の手袋だけが

現実 温かい