なちゅらり~ 

 

 

向かいに座った女の目

じろりと値踏みのポーズ

「あなたは面白い人間ですか?」

 

「もちろん面白い人間ですわい!」

なんて言える口じゃない

誤魔化すだけの愛想もない

 

自己否定ですか、いい歳で

だって肯定なんてできっこない

いつまで混ぜても固まらん

 

お辞儀の角度が足りてない

「心がこもってないからだろ!」

抗うだけの理屈もない

 

しゃんとして しゃんとして

もういい加減コドモじゃないんだから

しゃんとして しゃんとして

あなたが気が付くまで言うわ

 

なちゅらり~ 軋んだ妄城

庇を叩く特大の雹

なちゅらり~ 匿って籠城

爛れて零れる「それ」を眺めるだけ

 

しゃんとして…

しゃんとして…

あなたに火が付くまで呼ぶわ

 

なんちゅう暗い あんただって

裸足でガラス踏むような 今日

なんちゅう辛い 咬みついてガッ!!と

夜明けの鐘を鳴らし飛ばせ

 

なちゅらり~ 軋んだ妄城

庇を叩く特大の雹

なちゅらり~ 匿って籠城

爛れて零れる「それ」を眺めるだけ